Blog Listing

発達障がいの当事者の方へインタビューに行きました。

20160811

本日は熊本県内の発達障がいの当事者の方にお集まりいただき、インタビューをしました。

地震前からある諸問題や地震によってそれらの問題がどう変化したかなど、考えさせられることをたくさんお伺いすることができました。

例えば発達障がい者に多い「感覚過敏」の問題ですが、避難所ではいろいろな声や警報音が鳴り響くので、感覚過敏を持っている方にはとてもハードな環境です。

そこである一定の音域を遮断する遮音ボックスを開発した企業があり、そのボックスにこもっていると安心できるという事例を伺いました。

実際にボックスに入らせてもらったのですが、外を走る車の騒音やエアコンの作動音などが聞こえなくなり、人の話し声が聞き取りやすくなりました。

難聴の方はこの遮音材(調音材)を使うと、声が聞き取りやすくなるそうです。

今後は仮設住宅などにこの遮音ボックスが普及できればとお考えでした。

また当事者の方々が発達障がいで避難所や家に滞在できない方のために自主避難所を運営しているお話もお伺いできて、活動の幅の広さに感心いたしました。

今後阿蘇地域へお越しいただけるように調整中ですので、交流活動を継続していきたいと考えております。

当事者会に興味のある方は以下のリンク先をご覧下さい。

 

発達障がい当事者会 リルビット

 

カームダウンボックス



Leave a Reply

CAPTCHA